ぱるるな毎日 ハンドメイド布小物  by paru*ru
作品から日々のこと色々

空手の試合

昨日はKAの空手の試合がありました。

4才になってすぐに習い始めたので、3年半ほど続いています。
年長の頃から、ちょっとづつ試合にも出たりしています。

今回の大会は、年中さんから中学生まで、参加選手数259名でした。
その中で、1年生男子は12名

で、我が子の試合の結果は…。

一勝一敗、不戦勝ありで3位入賞!!!

初戦は延長戦の末、判定勝ち。
試合中はてっきり負けたように見えましたが、勝ってたようです。

どうも、ワタシは格闘技音痴なようで、当たっているのかガードしているのか
全く分からないのです…。
押していて、上段などの分かりやすい技が出ていると、
当たってようがガードされてようが、そっちが勝ったように見えるのです…。

格闘技好きの旦那は、上手くなった、上出来!!!と言ってましたが、正直、ワタシには…。
まあ、KAも試合中も割と冷静で、相手の弱点を見つけてソコを攻撃したと
下段内側を的確に攻撃してました。

2戦目は、相手の子が欠場で不戦勝。

3戦目は同道場の子でした。
こちらは、延長なしの判定負け。
相手は、体格はKAよりかなり大きいし、強化クラスにも通ってて、優勝も何度もしていてと
勝てる要素は…あんまり…ほとんど…無いなあ。
でも、ものすごくエエ試合をしていました。
一方的に押されずに、互角に戦っただけでも上出来です。

で、結局ベスト4入りして、3位。
タナボタな感じもありますが。
大きなトロフィーも貰っちゃって。

空手の試合って、対戦1分、延長しても更に1分と超短い!!!
短いが故に、見ているワタシはドキドキドキドキと、ものすごく緊張します。
会場に着いて、アップが始まった頃から、常に胃を擦ってるかも…。
それなのに、本人はケロっとしてます。
緊張はしないんだそうです。
前日も「明日、格好いい試合してな。」と励ましたところ
テレビを見ながら「ふぁ~」と気の抜けた返事。
当日も、緊張、気合、闘志、見えず…。
我が子ながら、よくわかりません。
よっぽど鈍いのか、果たして大物か…。
将来を楽しみにしておきましょう…。


試合は、午後からは中上級者の出場。
さすが、迫力、パワー、技(ど素人目線ですが)ともに見応え十分。
懸命な姿に、何度目頭が熱くなったコトか…。

練習の時、いつも小さい子達の面倒を見てくれる6年生のお姉ちゃんがいるのですが
今回の試合は、準決勝で延長につぐ延長の末判定負け。
主審の人も上を向いて苦渋の決断って感じの判定でした。
そんな壮絶な試合をした後に、応援していたワタシ達にわざわざ
「応援してくれてありがとう」とお礼を言いに来てくれて…。
こちらこそ、素晴らしい試合を見せてくれてありがとうなのにぃぃぃぃぃ…。
そんな彼女の様子に、その日一番の涙が出てしまいました。

試合も、決勝戦は、会場を暗くして場も盛り上がり。
これまた、素晴らしい試合の連続で。
終わった頃には、緊張と興奮でグッタリ。見ているだけなのになぁ…。

まあ、実際、朝5時半に起きて、お弁当を作り、出かける準備に家事に
我が子の試合に緊張し、他の子の試合で感動し…。
気持ちも体もクタクタなのでした。
でも、空手ってエエなあ。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://parurunikki.blog95.fc2.com/tb.php/87-e39321d7