ぱるるな毎日 ハンドメイド布小物  by paru*ru
作品から日々のこと色々

大槌町の奇跡

金曜日の幼稚園のお帰りの時間、園長先生に
「去年(昨年度も役員をしていたので…)園児の絵を送った?」と聞かれ、
何のこっちゃ???と思って話を聞いていたら…

東日本大震災の被災地の避難所に、ウチの幼稚園の名前の書いた
応援メッセージの絵が飾ってあったとか。

それを聞いて、あっっっっっっ!!!!!
ウチのKAが書いたヤツだ!!!!!

今日、幼稚園で交通安全指導があって、警察官の方が教えて下さったそうです。
どういう経緯で、飾ってあることを知らはったのかは、先生も聞いて無いそうですが、
岩手県大槌町の避難所にあったとのこと。



地震があってすぐに、園ママさんから、幼稚園で募金をしようよとの話が出て
実施したのです。
で、そのお金を数えている時に、KAも手伝うと言ってやってき、
作業をしているお母さん方の話を聞いていてのでした。

そんな様子に、KAに出来るコト無いかなあ?と言いだしたところ
のんのんさんが、お手紙でも書いたらエエん違う?と言ってくれ
翌日、幼稚園の先生に書きたいと言い出し、書いたのでした。
それを市役所に持って行き、預かってもらったのでした。

それが実際に被災地に届けられ、巡り巡って奇跡的にもワタシ達の耳に入ったのです。

ひゃ~!!!びっくり!!!うれしい!!!何かあったまるぅ!!!
ホントのところ、お手紙一枚でどれだけ役に立っているかはワカラナイけど
彼なりに自分に出来ることを考えて行動してくれたこと、ものすごく嬉しいし
子供に教えられることって、素晴らしいなあと感じたのでした。

それに、募金をしようと言いだしてくれたママさんが居てくれたこと
募金活動を即実行して、お手紙の事をアドバイスしてくれて、
さらに市役所までお手紙を一緒に持って行ってくれたママさん(のんのんさん)が居てくれたこと
募金作業を手伝ってくれ、KAに災害について話してくれたママさんが居てくれたこと
KAの気持ちを受け止めて、拙い言葉を聞き出し、きちんとメッセージになるように
導いてくれた幼稚園の先生が居てくれたこと
きちんと活用してくれた市役所の人が居てくれたこと…。

ホンマ、有り難い話です!!!
そして、誰かをちょっとは元気づけられてることを願って…。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://parurunikki.blog95.fc2.com/tb.php/77-674d25c0