ぱるるな毎日 ハンドメイド布小物  by paru*ru
作品から日々のこと色々

防災訓練とゲームマスター

ちょいと前の土曜日、小学校の土曜課外
活動の防災訓練のお手伝いに行って
きました。

市の防災関係の課が企画しはった
内容です。

小学校などで行う防災訓練も、普通な
ものやと低学年が何のこっちゃ分からず、理解できずに楽しめないってことで、
楽しく学べるプログラムを考えはった
とのことです。


ロールプレイングゲーム的で、1つの
プログラムをクリアすると、次の指令書
とキーワードをゲットできて、次へ
進むってな流れでした。
プログラムも『非常階段の間』
『シェイクアウトの間』『煙の間』
『防災倉庫の間』やらやら~
何となくゲームっぽい名前がつけられて
いました。

防災賢者やら、防災マスターやら、
ゲームマスターやらのキャラもあり、
子供達にはすごく理解しやすかった
ようです。


で、ワタシ、ゲームマスターなる役を
仰せつかりましたです。

開会式にて、ゲームの説明をし、最初
の指令書を手渡し~ゲームクリアの
キーワードを集めた防災に関する文書を
確認するという役目です。
更に閉会式でもゲームクリアした
皆んなにすこしお話をし、景品を配る
という、なかなか盛り沢山でした。


出番が最後なので、それまでみんなの
様子を見てたのですが、それぞれの間で
避難する時の注意やとか、防災グッズの
名前や使い方やらをゲーム感覚で
楽しそうに学んでました。
ウロウロしてると、ゲームマスターや!
とあちこちで声をかけられ~。
って、ゲームの世界ではゲームマスター
って何か特別な役なんでしょか?
ゲームをしないので全く分からず…。


そんなこんなで、プログラムも進み、
ワタシも最終の部屋にて、スタンバイ。
文書が作れたグループから順に
「出てこい!ゲームマスター!」と
呼び出され、
「呼んだかな?
ワタシがゲームマスターだ!」
とか何とか言いながらドアから出てきて
文書を確認。
コレを7班分、なので7回繰り返して
きましたです。


皆んな楽しそうでしたよ~。
縦割りの班やったので、色んな学年の子
たちが話し合いながらやってました。
バラバラになっちゃう班もあったり、
テンション高い低学年に苦笑いしながら
着いて行く六年生が居たり、
仕切りまくる子供が居たり~と
それぞれ違ってた、見ていても
面白かったです。

まぁ、それにしても、よー働きました
です。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://parurunikki.blog95.fc2.com/tb.php/422-8977f812