ぱるるな毎日 ハンドメイド布小物  by paru*ru
作品から日々のこと色々

兜と刀

昨日、KAと『大阪歴史博物館』へ行ってきました。

旦那とNAがプリキュアの映画を見に行くと約束をしていたので
ワタシとKAとでお出かけすることにしたのです。

この組合せで別々にお出かけって初めてです。
かあちゃん的にはちょびっとデートで嬉しいモンです。

何故歴史博物館かと言うと…

コレです。
kabutoten.jpg

学校でポスターが貼ってあったとかで、行きたいって言うてたのです。

ワタシも初めてだったので、折角だしってことで
常設展も行ってきました。

まず、奈良時代の難波宮。
大極殿の内部が原寸大で作られてあって、展示されている人形もその時代の
衣装を纏っていたりと、タイムスリップ感がいっぱいです。
他にもジオラマや出土品などなど、見応えありました。

で、次は天下の台所の江戸時代へ。
当時の街並みを再現した巨大なジオラマがあったり、
着船場や市場や娯楽場の様子をパネルや模型で展示してあったり。
そうそう、文楽人形の映像で街を案内してくれるのですが、その声が
金融庁の黒沢ことラブリンこと片岡愛之助でしたわ。

次が、大大阪時代の街並みでした。
大正~昭和初期のレトロモダンな街並みが作ってありました。
ココは正直サラッとしか見てないです。


で、本日メインの『変わり兜☓刀装具』展へ。

思っていた以上に楽しかったです。
ホンマにコレで戦ってたん?????ってなモノが沢山あったのですが
兜って美術品、芸術品です。

見ていて飽きなかったです。
メジャーな角型だけではなく、動物の顔が付いてたり、貝がついてたり
鬼が付いてたり、完全にマスク状になってたり…。
発想も柔軟で自由で、しかも、美しい…。


兜の個性的な装飾もさることながら
刀の微に入り細にわたって装飾が施されている金具類。
美しかったです。
刀全体でクジャクになってたり、小さな小さな装飾品がついてたり
七宝焼が施されてたり…。
よ~こんな細かい所まで手をかけてるもんやなぁと。


常設展も見たもんやから、ちょっと疲れてしまって
満足いくまで見れなかったのが残念やなぁ~。


もっと見たかったなぁ~。
もう一回行きたいなぁ~。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://parurunikki.blog95.fc2.com/tb.php/274-a00083d6