ぱるるな毎日 ハンドメイド布小物  by paru*ru
作品から日々のこと色々

レッスンバッグとペンケース

子供用に、レッスンバッグとペンケースを作りました。

入学時に通学用にとバッグが渡されるのですが、年数を経ると底が破れたり汚れがひどくなったりと使いずらくなってました。

でも、荷物が落ちる訳じゃないし、まぁまだええわ~、と放置してたのですが、いよいよそうも言うてられなくなってきつつも…放置…。

ついに、KAが野球観戦のオマケにもらった不織布の袋で行きだしたので、あまりにも可哀想な感じになってきたので、ようやく作りました。


ペンケースも、野球や空手の合宿や林間学校の持ち物で筆記用具とありますが、普段学校で使っている、糊やハサミやコンパスなども入るデカイのを持って行ってたのも知りつつ知らない振りをしていたのですが、これまたいい加減用意したれよ~ってコトで、今年の林間前日の夜に縫いました。



NAのピンクのは、たまたまイオンの手芸店で端布のワゴンセールて表地も内布も見つけたのです。生地だけやと両方合わせて数百円。

KAのバッグの内布もその時に見つけた、ダルマ柄。
さすがに表全体にダルマはどーかなと思って内布に使ってみました。んで、折角なのでダルマを表にアップリケ。綿も入れてみたので立体感がええ感じ。
ペンケースも、同じくワゴンセールで見つけた、北斎富士山柄の迷彩柄。ファスナーも半端物やからと実家でもらってきた物です。


可哀想なことに、どーしても子供分はコスト重視になっちゃってっっっ。
オマケにいつも切羽詰ってからしか作らないしっっっ。

でも、思いの外ええ感じにできてよかったわ。
子供らも気に入って喜んでくれてました。

我が子ながら、健気なやっちゃなぁ~。
スポンサーサイト

林間合宿

先日、KAが林間学校から帰ってきました。
心配やったお天気も、どうにか雨に合わず済んだようです。でも、霧が濃くて
1番楽しみにしていたカヌーが、できなかったらしく、ちょっと凹み気味でひたが…。
でも、概ね楽しんできたようです。

今回の林間学校、すごく楽しみにしてました。同じ班の子が仲良しのお友達が多く、部屋も班ごとに割り当てられてることや、カヌーやアーチェリーなど初体験のイベントもあるし~ってことでかなり張り切ってました。

林間中の担当なんかも、色々話してましたわ。

んで、晩御飯の準備の役割を自ら立候補して…

「俺、カレー担当やねん‼︎」

「だってなぁ、去年の林間のカレー、激マズやってんもん。シャブシャブやし、野菜は固いし。最悪やってん‼︎」

って、おいおい、そもそもアンタ自分でカレー作ったことないやん‼︎
何故、そんな自信満々やねん‼︎

思わず特大ツッコミ入れましたわ~。


だもんで、慌てて練習させました。
多少野菜を切ったり、お鍋を混ぜたりくらいはさせた事ありますが、全行程するのは初めて。
思うように野菜の皮が剥けず、指の皮めくったり、油や湯気か飛んできたり、鍋に手が当たったりで熱い思いをしたり…と途中かなりイラッとしてましたが、どーにか完成させました。


まぁ、その甲斐あってか、美味しくできたとビッグスマイルで言うてました。
でも、話を聞くと、一緒に、作った子が上手やったからって気もしますが…。


何にしても、あの根拠の無い自信…

大馬鹿者なのか?
極楽とんぼなのか?
お気楽者なのか?
はたまた、能天気なのか?
それとも呑気者なのか?

って、どれもどれやんっっっ。

『青✖️白展』

火曜日に、ようやく『青✖️白展』に行ってきました。




お店の半分くらいがイベントスペースになってて、見応え満タン。
色んな作家さんの青✖️白があって…


木工やら、バッグや、リースや、インテリア系小物や…

特にアクセサリーが沢山ありました。
そろそろピアスが欲しいなぁ~と思ってたので、一つ買いましたです。
いっぱいあって、迷っちゃいました。



夏に大活躍しそうです~。

トートバッグ

zakka屋doorあびこ店さんで、『青✖️白』展が開催されてます~。


画像はdoorさんから借りました。

ワタシも何か作りたいなぁ~と思いつつも、先日のハンドバッグが仕上がらないと、どないもこないもでけへんかったのですが…

無事にハンドバッグも納品し、イベント前日にギリギリセーフの滑り込みで納品しましたです。

有難いことに、早々にお嫁に行ってしまいましたが、一応ブログにてご紹介をば…。




竹の持ち手が夏っぽいバッグです。
この生地を買った時から、ガバッと大きめで生地の柄を前面に押し出した感じのバッグが作りたいなぁと思ってたです。
丁度、『青✖️白』展にぴったりやったので、これからの季節にと作りました。内布をどんな色にしようか迷ったのですが、黄色?オレンジ?緑??

ですが、ここはトリコロールってな赤に決定。

と言っても、表の柄が全くフレンチ感無いですけど…。

オマケに、中央の果実柄が、ギャートルズに出てくるガイコツに見えるし~。
友人はヤッターマンの煙に見えると言うてました。

オサレなパリジェンヌ感、全く無し…です…。
ゴゴンゴーン…。


ハンドバッグ

ブログ、久し振りです…。

制作活動をサボっていた訳ではなく…
2月に見に行ったアクセサリー作家さんからひょんなことから
作品に合わせたバッグの依頼を頂いたので、その作業に追われてたです。

ADO HINOさんです。
ヴィンテージやアンティークのビーズやボタンやモチーフを使って作品を作ってはってる方です。
アメリカで制作をされていて、定期的にコッチで個展や教室をされているそうです。

依頼を受けてからずっ~と、常に頭の隅にあって…
どんなんにしようか…どうやって作ろうか…試行錯誤試行錯誤…
作ってみては直し、作ってみては直し…を繰り返し

どうにか完成!!!




フェルトがベースなので、質感を変えてちょっと光沢感のある生地にしました。
形も丸い形に合うかなと思って、コロンとした形にしてみました。
デザインに合わせて、円柄をミシンで刺繍してみました。
アクセサリーをどうやって着けるか迷いましたです。
着けても外しても使えるようにしたかったので、金具を着けてみました。
裏側は刺繍をたくさん入れてみました。

そして何よりも、アクセサリーに見合うモノにしなければぁぁぁぁぁと
しょーじきプレッシャーでしたわ。
ワタシにはハードル高過ぎぃぃぃぃぃ。
でも折角の機会ですし、チャレンジしてみましたです。
まだまだ未熟ですが、今のワタシの精一杯です。

先日、納品に行ってきました。
ビーズ教室をされている所にお邪魔したのですが、
たくさん材料があって面白かったです。
帽子の作家さんと刺繍の作家さんも来られていて、お話もさせてもらったのですが
う~ん…刺激のある内容で、すごく勉強になりましたです。


んで、そのバッグですが、畏れ多くもギャラリーのイベントに置いてもらえますです。




ひゃ~!!!
どーするよ!!!